ライバル車と比較させる方法

 

ライバル車と比較させる方法

 

クルマの購入商談の際焦点になるのが値引きの額です。その値引き額をどのように大きくするのか?それは、ライバル車や姉妹車を相手にして、値引き額を競争させる方法です。少しでも値引きを増やすことが出来たら、ライバル車の担当者にそのことを伝え、さらに値引き額を上げてもらえるように商談を進めましょう。

 

このときに注意したいのが、「購入する車種が決まっていないため、値引き次第で買う車が決まる!」とセールスマンにわかってもらうことです。

 

ここで単に値引き額を釣り上げようとしている策が見透かされると、値引き額はそれ以上増えないですし、場合によっては「ライバル車を買って下さい」と販売拒否されるケースもあるので、値引きを競争させる際には、しっかりと比較する車種についても詳しく知っておく必要があります。

 

一般的には値引き競争をする車は同じような機能を持ったクルマ同士である必要がありますが、ミニバンとSUVで迷っているときは素直に2車を比較し検討しても問題ありません。本当に迷っているのでしたら、リアリティもあるので値引き額を増やすことが出来る可能性は高くなります。ミニバンでもSUV車でも、ファミリーカーを購入するつもりであれば「夫婦で意見がまったくかみ合わないので、値引き額で決めることにします」と相談するのも良いかmしれないですね。

 

ライバル車同士の値引き競争

■他メーカーの似た車種同士で競争させる

他メーカーの似た車種同士で競争させる

TOYOTAのヴォクシーとNISSANのセレナ、HONNDAのフィットとマツダのデミオ、スズキのワゴンRとダイハツのムーブなどのようにスタイリング・サイズ・機能性・価格などが最もわかりやすくライバル車同士を競争させることが出来ます。

 

姉妹車同士の値引き競争

■同じクルマでの競争も出来ます

姉妹車同士の値引き競争

最近はOEM車などの姉妹車も増えて来ました。スズキハスラーとマツダフレアクロスオーバー、日産デイズルークスと三菱ekスペース、トヨタのヴォクシーとノアは基本的には同じクルマなので値引き競争が成り立ちます。

 

まったく同じ車種同士の値引き競争

■販売会社が違うと値引き競争できます

まったく同じ車種同士の値引き競争

トヨタには、トヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店の4つの販売会社があります。実はこの4社は全く別の販売店になるので、シエンタなどの全店で扱っている車種であれば値引き競争をすることが可能です。