どうすればクルマをオトクに購入できるのか

 

どうすればクルマをオトクに購入できるのか

 

新車購入の商談をするとき、まずは見積もりを作るところから始まります。そこから値引きなどの条件を煮詰めていくことになります。商談を開始するときの第一歩が見積書です。

 

当然なお話になりますが、クルマには価格があります。ですが、すべての車種がメーカーの希望販売価格になるわけではありません。車種や、商談次第では、それなりの値引きをしてもらうことも可能です。

 

販売会社では、定期的にフェアを開催しています。よく知られているのが9月の中間決算フェアと、3月の決算フェアです。このフェアの期間中は、当然販売会社、メーカーも決算があるので、販売台数を伸ばすために通常よりも値引き額が大きくなる傾向にあります。

 

他には、7月、12月にも増販のためのフェアがあります。ちょっと昔は7月、12月頃にボーナスがしっかりと出ていたこともあり、この時期に愛車を購入するユーザーが多く、そのときに名残のフェアとも言えます。

 

さらに販売会社の都合でまた違った時期に増販フェアをするケースもあります。こちらのフェアでもお得な条件で購入が可能です。

 

こういった増販フェアでは、値引きが増えますし、愛車を下取りに出して新車を購入してくれるユーザーには下取り査定額の上乗せもあり、値引き額が増えるのも、下取り査定額が増えるのもユーザー自身には同様の効果になりますので、どちらにせよかなりオトクに購入することが出来るんです。

 

他にも残価設定ローンを中心に、低金利のキャンペーンも実施されています。年率で1.9%〜3.9%といった金利に設定がされるので、結果的には返済額を安くして購入が可能になります。

 

新車をお得に購入する方法としては、まずはこういったフェア中に販売店に行き、見積書を作成してもらいましょう。そして、予算に収まるのかどうかをしらべ、無理をしなくても購入できるのかどうかをチェックした上で、商談をはじめましょう。