1年を通して夏と冬の増販フェアがあります

 

クルマはいつ買うのが良いのか?

 

クルマは決して安い買い物ではありません。ですから、少しでも安く購入したいと思うのが一般的です。こちらでは、「クルマはいつ買うのが良いのか?」について書いていますので、参考にして頂けたら嬉しいです。

 

クルマは1年を通していろいろな買い時があります。最近は少し曖昧になってきましたが、夏と冬の「ボーナスフェア」があります。夏のボーナスフェアはお盆休み、冬はお正月休みを控えていますので、ディーラーとしても売れ行きを伸ばしたい時期になります。

 

ただし、3年程度で愛車の売却を考えている場合は、冬のボーナスフェアで買うのは損してしまいますので注意です。冬に買うと購入直後に旧年式になってしまい、買取査定で不利になってしまいます。

 

そうなると、年明けの3がつ決算フェアに買うのがオトクです。他にも連休や新型車が発売された時には「増販フェア」が実施され、このときには値引きなどの条件が良くなる場合があるので要チェックです。あと、最近はクルマ自体が売れにくいので、定金利キャンペーンなどは長期的に実施されています。

 

結局いつクルマを買うのが良いの?

 

1年で最も販売台数が多いのが、3月の決算フェアです。これはメーカーや販売会社の決算月で、値引きなどしやすい状況になっています。ただし、決算に反映されるのが3月中に登録されたクルマになります。ですので、ディーラーがメーカーに注文を入れてから登録する期間を1ヶ月間必要となるので、契約自体は2月中に終らせておかなくてはいけません。

 

そして、3月の決算フェアに次いで車を買うのにベストな時期が9月の中間決算フェアです。販売会社の実績を左右する大事なときなので
値引き額も大きくなる傾向にあります。また、前月の8月にはお盆休みがあり休みの日が多かったこともあって売り上げが上がっていません。

 

その売り上げをカバーする意味でも販売に力を入れているのが9月です。購入するには良い時期です。

 

 

フェアにはトクするサービスも多い!

 

低金利ローン

金利を出来るだけ低く抑えて返金額を安くします

通常のローン金利は5%〜8%くらいのなりますが、増販フェアのときは、販売台数を伸ばしたい目的があるので低金利をのキャンペーンをするケースが多いです。このときの金利は1.9%〜3.9%で、通常の金利に比べて利息を半額におさえることが出来ます。

 

ディーラーオプションのサービス

割安感を強調して販売を促進

増販フェアではディーラーオプションのサービスを付けることが多いです。ディーラーオプションはメーカーオプションよりも卸価格が安いので、同じ20万円の値引きでも車両本体の価格は値引きしにくいですが、ディーラーオプションならその負担は軽くなるのでサービスにしやすくなると言うことです。

 

値引き額の上乗せ

やはりたくさん売りたいので値引きも増やします

やはり値引き額も大きく増やします。特に3月の決算フェア、9月の中間決算フェアはお得に車を買うことが出来る時期に定着して来ました。今ではライバル車同士を比較させ、値引き競争させるユーザーが多くなっているので、各販売会社も値引き条件を良くする傾向にあります。

 

下取り査定額の上乗せ

愛車を高く下取りすることで実質の値引きにします

最近では各販売会社は利益を上げるために値引き額を抑える傾向にあります。ですが、増販フェア中には競争力を高める必要があるので、愛車の下取り査定額を上乗せすることも多いです。ユーザーにとっては、車輌価格から値引きしようが、愛車の下取り価格を上げて貰おうが結果、同じ「値引き効果」があるのでメリットは大きいです。