最近の売れている車はほとんどエコカー減税対象車

 

■エコカー減税の概要

燃費基準の達成度 自動車取得税 自動車重量税
次世代自動車※

100%免税

免税+2回目車検時も免税
平成32年度燃費基準+20%

100%免税

免税+2回目車検時も免税
平成32年度燃費基準+10%

80%免税

75%減税
平成32年度燃費基準達成

60%免税

50%減税
平成27年度燃費基準+20%/10%

40%免税

25%減税
平成27年度燃費基準+5%

20%免税

25%減税

購入時に納める自動車取得税、購入時と初回車検時に納める自動車重重量税が、平成27年度および平成32年度燃費基準の達成度合いに応じて減税されます。

 

■軽自動車税の減税

燃費基準の達成度 減税率
次世代自動車※ 50%減税
平成32年度燃費基準+20% 50%減税
平成32年度燃費基準+10%/達成車 25%減税

従来までは7200円の軽自動車税でしたが、2015年4月以降、10,800円になりました。その反面、2016年3月までの期限に平成32年度燃費基準の達成度合いに応じて、購入の翌年度のみ軽自動車税が減税されます。

 

■200万円の車種を購入するときの納税額

燃費基準の達成度 取得税 重量税 購入時の納税額
平成32年度燃費基準+20%

0円

0円

0円

平成32年度燃費基準+10%

9,900円

5,600円

15,500円

平成32年度燃費基準達成

19,900円

11,200円

31,100円

平成27年度燃費基準+20%/10%

29,900円

16,800円

46,700円

平成27年度燃費基準+5%

39,900円

16,800円

56,700円

減税対象外

49,900円

@22,500円

A36,900円

@72,400円

A86,800円

@は平成27年度燃費基準適合車、Aは平成227年度燃費基準に適合していない車種の税額です。

重量税の減税対象外の車種も平成27年度燃費基準に達していれば2万2500円、非達成の場合は3万6900円になります。最も税額が高い場合は、購入時に納める税額の合計8万6800円で、平成32年度燃費基準を達成していれば、全額カットの免税になり、初回車検時の自動車税も同様になります。

 

 

クルマの購入費用を効果的に抑えることが出来るのが、エコカー減税です。平成32年度と平成27年度の燃費基準ベースに、その達成度合いに応じて、自動車取得税、同重量税が減税されます。

 

減税される税額は、車輌価格200万円、クルマの重さが1001キロ〜1500キロの国産車のなかでは中心的な車種の場合、最大8万円から9万円の差が付きます。

 

「減税される車種を選んでお得に購入したいか」「税額が高くなっても好きな車に乗りたいのか」。いろいろな見方が出来ますが、やはり、減税対象車を選ぶユーザーが多く、今売れている車のほとんどが減税に対応しています。

 

エコカー減税の燃費基準は、JC08モードの燃費の数値と車輌重量の数値で成り立っています。同じ燃費数値であれば、車体が重たいほうが有利減税では有利です。

 

なので、減税車だから、必ず燃費がいいわけではありませんが、軽自動車やコンパクトカーの免税車はトップレベルの燃費数値になっています。